消費者金融はほかの貸金業者である銀行やクレジットカード会社と比べるとやや特殊というイメージがあります。そのため、申込みに関する真偽不明の噂もいろいろと出回っています。では、そういった噂は事実なのでしょうか。
まず、よくいわれるのが消費者金融に審査の申込みをしただけでほかのローン、たとえば住宅ローンの審査などに通りにくくなるというものです。この噂の理由として書かれるのは、消費者金融からお金を借りるような人が家をローンで買おうとするのはリスクがあると担当者が考えるからというものですが、申し込みしただけでは信用情報会社にデータは残りません。実際に審査に通って借り入れを行えば確かに消費者金融から借りたというデータは残りますが、まったく遅延することなく返済しているのであれば、ほかのローンの審査ではまず間違いなく有利になります。
複数の貸金業者からお金を借りていたり、返済に何度も遅れている場合は不利になるかもしれませんが、一社からの借り入れできちんと返済していればまず問題にはならないでしょう。
では、消費者金融に一度にたくさん申し込むと審査で通りにくいという噂は本当でしょうか。実はこれは本当なのです。なぜ審査で否決されやすいのかというと、申し込み方が不自然だからです。いろいろなところからお金を借りたあげく、返さずに外国に逃げてしまうということも考えられますし、誰かに脅されて無理矢理申し込みをさせられているということも考えられます。貸金業者としてはこういった人にお金を貸すのは危険なので、審査で拒否するのです。
モビットの借り方│モビット在籍確認内容は?電話確認はある?なし?はこちら