出会いがない方のためのおすすめ出会い系サイト

MENU
このエントリーをはてなブックマークに追加   

出会いナビ

「出会い」を目的としたWebサイトなどが最近数多く作られ、それらは出会い系サイトと呼ばれます。
出会う目的は人それぞれで、共通の趣味を持った友だちが欲しいとか、恋人が欲しいという目的の人もいるでしょう。
また、結婚を前提とした出会いに期待して、サイトを利用する人もいます。




目次

出会いを無料でできる口コミはこちら


出会いを無料でできるのはどこ?口コミを見ても全部おすすめって書いてあって登録したけど出会えなかった。
そんなあなたにリアルな無料でできる出会いの口コミを紹介していきます。

「リアルって言っても嘘の口コミでしょ?」という人にまじめに応えました。
それは僕と僕の出会いグループの友達がリアルに使った結果の口コミが入っているからです。

体験談と友達に使ってもらった本当の口コミは当サイトだけ!
今から無料で出会える口コミを紹介していきます。

画像


まずは僕の無料で出会える口コミ。

完全無料で出会いたいならだんぜんハッピーメールがおすすめ。
ガラケー時代から続く一番有名な出会い系サイトだからこそ、登録者数がハンパない!

画像


僕はリアルに無料でハッピーメールで出会い、実際にセックスまでしています。
その中からセフレもデキました。しかも、人妻のセフレです。

画像


他のアプリで無料で出会うならPCMAXとワクワクメールの口コミが多くあります。

画像


画像


僕も使ってるし、他の人も使ってます。
しかし、このふたつは業者の数が異様に多いです。

そのため、業者を見抜くスキルが必要になっていきます。
無料で出会いたいなら課金をしないで登録して課金ライバルを出し抜く必要もあります。

出会い系初心者の人にそれはなかなかできるものではありません。
僕も出会い系を初めてやった時はサクラ・業者に課金して嫌な目に合いました。

画像


こんな業者に騙されて悲しい思いをしないでください!

そこから勉強して今は完全無課金でも出会い、セックスするまでに至りました。
学んだことは口コミを信じ切ってはダメ。
口コミは、ある程度参考にしてそこからは自分で実際に出会い系アプリをインストールして試さないとわかりません。

画像


知っていれば誰でも出会い、セックスまでできる、そんな術を僕は編み出しました。
これはハッピーメールを無料で試した結果です。

ハッピーメールは無料でもライバラよりも有利にできるやり方があるのでぜひそれを実践してみましょう。

出会い系を利用した人たちの口コミを募集してます!


出会い系を利用した男性の口コミ

ここから5項目に渡って、様々なジャンルの出会いの事例を紹介したいと思います。
まず最初は、出会い系を利用した男性の事例です。
出会い系を利用したとなると、なかなか良い事例の話をテレビや雑誌などの各種メディアから見たり聞いたりすることが難しいと思います。
しかし、インターネットで検索していると、中にはドラマのような話が見つかることがあるのです。
早速紹介していきます。
20代の会社員の事例です。
ワクワクメールを利用して20代の女子大学生から返事をもらったところから話が始まります。
たまたま共通の好きなアーティストがいたことがきっかけで盛り上がり、出会って2日後にはLINE交換をしただけでなく、そこから3週間は毎日のようにLINEを通じて会話をして、遂には週末にデートをする約束までこぎ着けました。
実際に出会ってみると、相手は男性のイメージ通りのオシャレな女性で、男性はまず予約していた居酒屋で呑み、楽しいトークを繰り広げたそうです。
女性も男性に対していろいろな話をしてくれて、更に意気投合。
そのままカラオケに行き、男性は酒の勢いを借りて女性を抱きしめたりキスを交わしたりしました。
女性も嫌がっておらず、最終的には女性をホテルに『お持ち帰り』したそうです。
残念ながら男性と女性はその日以降、会うことはなくなったものの、男性はまるで夢のような一夜を過ごせたとして、後悔はしていなさそうです。
この事例は出会って意気投合したところからあまりにも目まぐるしい展開で、トントン拍子で上手くいった珍しい事例だと思います。
『一夜でも良いから出会いたい』と思っている人が一番望んでいる展開かもしれませんね。

出会い系を利用した女性の口コミ

出会い系を利用した人の事例は、どうしても男性に偏りがちなところがあるため、女性の事例を見つけるのは難しいです。
インターネットで見つけようとしても検索ワードの工夫が必要になると思います。
この項目では、そんな出会い系を利用した女性の事例を紹介します。
ふたりの子供を持つ30代主婦の事例です。
女性は既に結婚して10年になりますが、夫との会話も少なくなり、ママ友とのランチも刺激がなくなって来たと感じるようになっていました。
子育てや家事に追われる日々に疲れ、ボサボサの髪型にすっぴんでだらっとした部屋着を鏡越しで見た女性は一念発起。出会い系サイトでは老舗になるYYCに登録しました。
登録後、30代男性と実際に出会うことに成功しました。
女性は男性に既婚者で子供もいることを伝えていましたが、男性も既婚者だったそうです。
しかし、別の男性と出会うために久々にオシャレをしたり、女性として若返った気持ちになったことで、男性と出会った日から子育てや家事に対してより気合いが入るようになり、すべての物事に対して前向きになったそうです。
このように、男女拘らずに既婚者でも出会い系を利用する人が意外にもいます。
刺激のない生活が続くとつらく感じる人もいるのは確かです。
その刺激を求めて出会い系サイトなどに登録し、実際に出会ってからは食事を一緒にしたり、カラオケなどへ行ったりする人もいるでしょう。
もちろん、既婚者同士が出会うときはあらかじめ一定の線を引いているのが前提です。
その線を越えてしまうと、まさに2016年の流行語にも選ばれた『ゲス不倫』と言える状態になってしまうので、くれぐれもそのようなことにならないようにわきまえておきましょう。
※多くの出会い系サイトでは既婚者の利用は禁止されています。節度ある出会い系の利用をしましょう。

出会い系婚活に取り組んだ男性の口コミ

前の2項目では少々危ない綱渡りをしているかのような事例を紹介しましたが、ここから2項目はそれに比べると非常にまっとうな事例になると思います。
婚活に取り組んだ男性の事例の紹介です。
最近では晩婚化が進んでいると言われていますが、婚活に取り組む人はどのようなエピソードを持っているのでしょうか。
20代の会社員の事例です。
婚活サイトを使うまでは2つの出会い系サイトを利用していたそうですが、真面目に相手を探していた男性には合わず、なかなか理想的な女性に出会うことが出来ませんでした。
そこで、結婚情報誌としても知名度があるゼクシィが運営しているゼクシィ縁結びに登録しました。
サイト自体は有料でしたが、その分手厚いサポートやサービスで男性は満足したそうです。
男性は早速女性と出会うことになりましたが、初デートの日もゼクシィ縁結びのサイトスタッフが双方の時間帯を調整してくれました。
そして初デートの日に出会った女性に強烈なインスピレーションを覚え、最終的には生涯のパートナーになり得る女性を見つけることが出来たと感謝しているようです。
この男性は真面目に、かつ将来的には結婚を前提としたお付き合いを目指していたこともあり、比較的軽い気持ちな人々が集まりやすい出会い系サイトにはまったく合わなかったと思われます。
ある意味当然と言えるでしょう。
しかし、そのような人が婚活サイトに切り替えると、今までの結果が嘘のように上手く行くかもしれません。
もちろん、自分自身の条件やタイミング・運も関わって来ると思いますが、少なくとも出会い系よりは良い結果になりやすいでしょう。

出会い系婚活に取り組んだ女性の口コミ

婚活となると、男性よりも女性の方が熱心に取り組んでいるかもしれません。
年を重ねてからの出会いは非常に難しいため、早いうちから婚活に取り組む女性も見掛けるでしょう。
ここでは、そんな婚活に取り組んだ女性の事例を紹介します。
30代派遣社員の事例です。
女性は20代の頃から結婚自体に憧れはあったものの、男性とは少し遊んだだけでなかなか良い出会いはなく、女性の仕事も事務系の派遣社員ということもあり、将来的にも不安を感じていました。
そこで、運命の出会いを果たすには自分からアクションを起こさなくてはいけないと考え、婚活サイトを研究。
その中で一番良いと思ったmatch.comという婚活サイトに登録しました。
最初こそはなかなか自分の理想的な男性に出会うことは出来ませんでしたが、match.comのコンテンツにあった自己診断を受けてみると、女性の求める理想的な男性は非常にハードルが高く、今まで求めていた理想は高すぎたと女性は反省したそうです。
そこで、女性は自らハードルを下げて相手を探すことを決意。
すると、同い年の男性からメッセージが届きました。
実際に出会ってみると真面目で優しそうな男性で、最初に女性が求めていた男性の理想像からは全然違いますが、一緒にいるとホッと落ち着くような男性だったそうです。
女性はデートを重ねるだけでなく、自分磨きも行い、いつかは男性からプロポーズをもらえるように努力を続けているそうです。

今は女性の社会進出も進んでいますが、将来を考えると男性よりも不安に感じている人が多いと思います。
しかし、自分の求めている相手のハードルがあまりにも高くて出会いがない人もいるでしょう。
実際にそんな人とはなかなか出会えるものではありません。
出会い系をしていて思うことは、夢を見ることは良いことですが、現実を見ることも大切なことなのです。

出会い系悪質業者口コミ体験談

ここまでの事例は出会い系成功の事例を中心に紹介して来ましたが、実際には成功ばかりではないのはみなさんもおわかりでしょう。
ここでは、出会い系・婚活問わず、悪質な業者・サイトに捕まってしまった人の事例を紹介します。
まずは出会い系の失敗になります。
30代男性の事例です。
GPS機能を使用した出会い系アプリケーションを利用していた男性は、以前にも同じアプリで女性と出会うことに成功しており、男性の中では出会えるアプリケーションと認識していました。
そこで同じアプリケーションを使用している女性から『今から会える人募集』との書き込みがあり、近くにいた男性はすぐにメールを送信。
すると女性からは大人の付き合いを求める返事が返って来ました。
男性は迷いましたが、その日は『異様にそのような気持ち』であったことから同意。
女性の写真が可愛くて美人だったことも決め手でした。
そして、待ち合わせ場所に来てみると、そこにいた女性は写真とはかけ離れた女性、典型的な詐欺写メで業者さんだったとのことです。
続いて、出会い系ではなく婚活での失敗になります。
結婚詐欺師にだまされた当時30歳の女性の事例です。
有名婚活サイトに登録していた女性は、ある20代後半の男性と知り合いました。
その男性は年収600万以上で難関の資格を持ち、プロフィールも丁寧に記載されているだけでなく、男性の顔も女性にとってはタイプでした。
早速女性の方からアプローチをしてみると、男性はこまめに返事を返し、後にLINEのID交換をしてからは、より親密な連絡を取り合う関係になりました。
やがて実際に出会い、クリスマスや年末年始も一緒にいる仲までになりましたが、突然LINEをブロックされたのをきっかけに一切の連絡を絶ちました。
後日、付き合っていた男性は、実は結婚詐欺師で経歴詐称をしていたことが発覚。
しかも同時期に他の女性と二股をしていただけでなく、その女性を更にだまし続けて金銭をだまし取る行為を行っていたことが決め手となり、警察に逮捕されたそうです。
このような事例は、婚活が盛んになるにつれて増加傾向にあります。
今回は警察に逮捕されていますが、実際には結婚詐欺を取り締まるのは金銭面を考えると非常に難しいケースが多いそうです。出会い系サイトは自分が納得したところを利用しましょう。
詐欺は出会い系だけじゃなく、婚活でも狙われます。
また出会い系サイトで事件になったらすぐに警察に連絡しましょう。

出会いとはどんなものか?リアルとネットの違い


出会い


出会いとは出会い系サイトを使ってマッチングするだけのものでしょうか?
出会い系サイトはネット社会の広がりとともに利用者が増えました。
インターネットが世界中に繋がって、色々な情報を瞬時に取り出せるようになりました。
反対に、こちらの情報を瞬時に拡散することができます。

しかし、インターネットの力はそれだけではありません。

画像


情報だけではなく、人と人とを繋げる、つまり、出会わせる役割を持っているとも言えるのです。
かつては、誰かと出会う手段としては、クラスが同じであったりとか、地域のコミュニティに属している、誰かから紹介してもらった、ということが主でした。

しかし、インターネットでは、相手の情報やこちらの情報を即座にやりとりし、自己紹介や住んでいる場所、そして、いついつ会おうなどという取り決めを、知らない者同士で行うことが容易くなったということです。

そのような「出会い」を目的としたWebサイトなども数多く作られ、それらは出会い系サイトと呼ばれます。

画像


出会う目的は人それぞれで、共通の趣味を持った友だちが欲しいとか、恋人が欲しいという目的の人もいるでしょう。

また、結婚を前提とした出会いに期待して、サイトを利用する人もいます。

画像


お見合いの約束をするのに、サイトを利用するわけです。

画像


出会い系サイトには色々な情報が集められますから、マッチングもでき、よりよい相手を探すことも可能です。

そのように、結婚に重きを置いた出会い系サイトを特に、婚活サイトと呼ぶこともあります。

このように、出会いに関して便利になった時代ではあります。

共通の趣味のある友人がいなくて部屋で引きこもっていた人が、サイトを利用して外に出て明るい性格になった、これは出会い系サイトのおかげでしょう。

しかし、出会い系サイトで見ず知らずの人と出会うリスクは、敢えて言うまでもありません。

画像


どんな人と会うのか、具体的には何もわからない場合が出会い系サイトにはあります。
出会い系に限らずネットでは、その人を偽ることも可能です。
現に、出会えるを介して会った人が殺人などの事件に巻き込まれるといったことも起こっています。

ここでは、インターネットを介した出会いについてどのように向き合えばよいのかを見ていきたいと思います。

出会いとは何か?哲学と男女の出会いについて


出会いとは何かと考えると哲学的になりますが人間同士のつながりなのでどうしても深く考えがちです。

出会い


出会いとは人間だけに使われる言葉なのでしょうか?
人や動物、ペットだけでなくモノにも『出会い』という言葉はよく使われますが、そもそも出会いとは何でしょうか。

言葉の意味だけを取れば辞書などでも出てきますが、出会い自体を何かと問えば、非常に深く、どのような角度からも捉えることができる質問だと思います。

出会い系や婚活などのキーワードを取り上げる前に、まずは出会いという言葉を調べてみました。

インターネットで誰もが利用することができるgoo辞書の国語辞典によると、出会いという言葉は『であうこと。思いがけなくあうこと。めぐりあい。』や『知り合うこと。交際。つきあい。』などの意味があるそうです。

画像


これは人だけでなく、動物やペットなどの有機物やモノなどの無機物にも使われるため、出会いという言葉だけを見れば、どのような場面でも使える便利な言葉と言えるでしょう。

しかし、その出会い自体は何かと考えたとき、その言葉は非常に深く、哲学的にも宗教的にも捉えることが可能でしょう。
ここで筆者が思い浮かんだ言葉として、『一期一会』です。

画像


一期一会はgoo辞書の国語辞典によると『一生に一度しかない出会い。一生に一度かぎりであること。』という意味が込められています。

画像


どんな人や動物やモノでも、はじめて出会うのは一度きり。
そこから何度でも会う場合もありますが、その一度しか会わない場合もあります。
そのため、どんな出会いでも感謝することが大事なのです。

その出会いが悪い印象でも、後から考えたときに『自分にとってプラスになった』と思えば、非常に気が楽になるだけでなく、気持ちも前向きになっていくことでしょう。

画像


すべての出会いは、マイナスばかりではありません。
出会いといえども男女関係も同じです。
たとえ別れることになっても、決してマイナスだけで終わることはないと思います。

出会いと別れを経験して人は強くなっていきます。

画像


出会い系サイトでの経験や反省によって、後に活きてくるはずです。

画像


出会うきっかけ


出会うきっかけは現代社会では非常に多い。

出会い


今はネットを使わない日はない、ラインやSNSで知り合って出会いもする世の中。

画像


昔は結婚するために、お見合いをする人がいたり、そのお見合いの仲を取り持つ、仲人の存在が重要視されていました。

しかし、最近ではお見合いをする人が少なくなり、それと同等に仲人を買って出る人も減っています。

画像


これは日本人の生活習慣や文化などの変化もありますが、昔よりも人の繋がりが希薄になって来ているせいもあるでしょう。

では、最近の人と出会うきっかけは、どのようなものがあるのでしょうか。

まず、一部で若くして結婚する時代になった最近では、学生時代に出会い、そのまま学生結婚に至るケースが目立ちます。

画像


しかし、学生時代にそのような関係に至らなかった人は、社会人になるとより男女の出会いの機会が減少していくため、結婚の晩婚化が進む傾向があるのです。

画像


職場で先輩後輩や同僚などで出会って職場恋愛から結婚する人もいますが、職場とプライベートに一線を引いている人はそうはいかないでしょう。

画像


友人や知人や学生時代の先輩後輩が紹介してくれればありがたいと思いますが、それも難しい場合は出会い系サイトや婚活サイトなどを活用することになると思います。

最近では出会い系サイトや婚活サイト、更には各種SNSなどを利用したインターネットでの出会いも増えて来ています。

画像


直接顔を合わさずに深い関係になる場合も目立ちはじめています。
それだけ昔と今では人間関係に変化が生じているのです。
しかし、結婚や出会いは理想を並べてばかりではダメです。

出会い系は就職活動同様、どこかで妥協のポジションを見つけ、その中で自分に合った人を見つけて出会うようにしていきましょう。

出会いのきっかけはどこ?リアルの出会いがない人は出会い系アプリで出会う

画像


出会いのきっかけがない人はどこで出会うのでしょうか?
そんな人が出会い系サイトを利用するのです。
職場に異性はいない、女子大なので男性がいない大学生活。
そんな人が出会い系サイトに登録して出会いを求める。

アラサーアラフォー独身男性はもちろん、女子大生でもセックスしたい。

画像


だから出会い系サイトを利用する。

画像


もちろん出会いサイトを利用するみんながそうではありません。
しかし、ある一定以上の割合で出会い系サイトにはセックスを目的とした人が存在します。

画像


お互いにセックスが目的なら利害関係は一致します。
出会い系サイトをうまく利用してお互い気持ちよくセックスする事が出来たらハッピーになれます。

出会いの種類とツール


出会いの種類とそれを利用するツールやサービスは時代の変化とともに増えていきます。

出会い


最近の人の出会うためのツールとしては、出会い系サイトや婚活サイトなど、人と直接会わずに出会って会話するツールが思い付くと思います。

画像


古くはお見合いといった直接面と向かって会話するツールなどもありましたが、最近ではお見合いを取り持つ仲人の減少や文化や人間関係の変化・希薄化などにより、そういったツールを使う人が減少しているのが現状です。

他にも合同コンパや学生時代での出会いがあると思いますが、そこから男女関係までに至るのは意外と少なく、結婚になるとほんの一握りになることでしょう。

画像


ただし、友達程度にとどめるならこれらのツールは実に有用なので、人によっては学生時代からの友達が案外多いのはそこから来ているのでしょう。

しかし、多くの友達の中から男女関係になって最終的に結婚・出産などに至ろうとするには様々なハードルがあります。

画像


ここですぐに思い付くハードルなのは金銭面でしょう。

画像


よく『どんな苦難でも愛で乗り越える』と意気込むカップルや新婚夫婦もいてテレビなどのメディアで取り上げられると思いますが、残念ながら現実はそう上手く転びません。
金銭面の妥協点のひとつとして、男女お互いに働いて頑張る人もいます。

画像


共働きが出会う回数を減らし、結果的に別れるケースもありますが、それも人生です。
年齢によっては、まだやり直せる場合もありますので、根気よく出会う努力を続けましょう。

そして、出会い系を通じて自分を見つめ直すことでどこか妥協点が見付かるはずです。
出会い系をすることで、自分の理想に近い相手が必ず見付かることでしょう。

まったく興味ない人には同じかもしれませんが、出会い系と婚活サイトは違います。
共通する部分は18歳未満は利用できない事。

画像


また、既婚者が利用不可のところもあります。

画像


出会い系サイトはあくまでも出会うのが目的。

婚活サイトは結婚を前提にしてマッチングします。
そのため、カラダだけの関係を求めるには婚活サイトは向きません。

画像


出会い系とは別に出会えない系アプリもあります。

画像


これは出会えないと運営がハッキリ言っているので、出会いを目的とした行為は禁止されています。

画像


完全にそのアプリでのチャットだけで、メールアドレスやラインID交換などは禁止されています。

出会いに失敗しないために


出会いに失敗したくないと誰しもが思っていますが、失敗しない人はいません。

出会い

出会いをするのに失敗を恐れていては前に進みません。
しかし、出会い系での失敗は事件・事故につながるケースが高い。

出会い系で出会った女の子の手作りチョコに注意!

画像


そのため出会い系の失敗についてしっかりと予習しておく事がトラブル回避になります。
男女関係として出会い、将来のために恋人になって結婚をして夫婦になることを考えると、失敗はしたくないですね。

特に年を重ねてからの失敗は取り戻すのに苦労することは間違いありませんから、慎重にしたいところです。

画像


しかし、慎重に行動しすぎると、いわゆる結婚適齢期を逃すということも十分に考えられます。

かといって、大胆にしすぎると大失敗のリスクもあります。
ほどほどにしておきたいですね。

そこで、ここでは人と出会う、特に男女が出会うときに失敗しないためにはどうすればいいか、考えていきましょう。
まず、すぐに思い浮かぶのは人を見た目や数字などで判断しないことでしょう。

画像


もちろん、年収や月収などは生活やこれからの人生で苦労しないためにも、ある程度は大事です。
見た目も気にする人はいるでしょう。

しかし、そんなに都合の良い独身の人はいません。
あまりにもこだわりすぎると、結婚適齢期を逃す可能性が高くなります。

また、現在は収入が良くても、会社などの業績悪化などで一気に貧乏になってしまうこともありえます。

画像


狙っている人がリスクのある職業に就いている場合は気をつけましょう。

これに関連する失敗しないコツとして、高望みをしないことが挙げられるでしょう。

かつては三高(高学歴・高収入・高身長)な男性が結婚相手の条件として求める人が多かったですが、長引く経済不況や価値観の変化などにより三高という言葉自体が死語になりつつあります。

それだけ高条件では相手が見つからないという現状もあるのでしょう。

画像

今は三ノー(NO)男子がモテる!
結婚相手に求める条件
暴力しない(72.3%)
借金しない(68.1%)
浮気しない(64.7%)

安定さや価値観の共有などが重要視されている現在、高望みをするよりも一緒にいて楽しいような人を探した方が良いかもしれません。

出会いを求めるも、自分はまだ修行不足だと思いましたか?

もしそうなら、出会い系を利用して人生経験を積むと言うやり方もあります。
贅沢をいいすぎて出会い系で妥協する時が来るかもしれません。

出会い系を使ってセックスする異性は軽い!

画像


気に入った異性がいてもすぐに好きになったり告白してはいけません。
なぜなら、相手が自分のことを好きだとわかれば有利な立場になったと思ってつけあがるからです。

そうなったら、あなたは相手に嫌われたくない一心で相手の言うとおりに動くしかありません。
その後は恋愛に発展することもなく、愛とお金と時間を奪われて、最後には異性から捨てられます。

出会い系での失敗は失恋も入ります。

画像


軽い感じではじめた出会い系ですが、最後は重い気持ちで引退なんてならないように注意しましょう。

出会い系とは何か


出会い系とは何か?と問われた場合、10人いれば全員違う意見を唱えるかも知れません。

出会い


よくテレビやラジオ、雑誌などの各種メディアに登場する言葉、出会い系とは何でしょうか。

そして、それに深い関わりを持つ出会い系サイトも気になるところでしょう。
そこで、ここでは出会い系とは何かについて紹介します。

出会い系とは、不特定の男女のナンパや出会いを仲介する業者やインターネットサイトの総称になります。

出会い系という言葉自体は1995年頃から使われていたそうですが、日本で現在のような仲介業をするような業者は1980年代にテレフォンクラブ(通称テレクラ)のような電話を用いた形態で登場しています。

画像


仲介といえばお見合いなどの世話人や結婚式での仲人などが思い浮かぶと思いますが、出会い系はそういった人が必要なく、偽名や素性を偽っての登録も可能です。

そのため、テレクラの時代から出会い系が犯罪の温床になっていたこともあり、今でも出会い系に対してネガティブなイメージを持つ人もいます。

画像


現在では出会い系の業者やサイトに対して規制がかけられるようになり、運営にも透明性が求められるようになったことから、ようやく健全な出会い系サイトが登場する時代になりつつあります。

また、最近ではスマートフォンの普及により、LINEなどのSNS系アプリケーションを介して出会いを求める人も増えて来ています。

LINEなどであればメールアドレスは不要なため、昔よりも個人情報を求めることはありません。
スマートフォンの画面を通してテレビ通話が可能になったため、より相手の素性がわかる時代になっています。

つまり、出会い系は極度に深く付き合わないようにすれば、普通に見つけるよりも気軽に友達が見つかる非常に有効なツールといえるのです。

出会い系サイトは気軽に相手に会ってお互いしたいことをする。
そんな感覚で使うのがベターでしょう。

ネット犯罪は出会い系からチャット型コミュニティーツールに移り変わりました。

画像


出会い系の歴史


出会いの歴史について考えた場合、1970年代あたりから考えてみました。

出会い


日本での現在のようなシステムの出会い系の歴史はインターネット普及前からあり、1985年頃にはテレフォンクラブ(テレクラ)のように、電話を使って見知らぬ男女同士が出会える仲介業者が誕生しています。

画像


この当時、携帯電話はおろかポケベルすら誕生していないため、連絡手段として自宅の電話番号が重要な役割を果たしていました。

そして、テレクラがきっかけで出会った相手がひとり暮らしとは限らず、家族の人が出ることも十分あり得たので、相手が確実にいそうな時間帯を狙って電話したという話も、インターネットで当時を知る人の意見として散見します。

画像


しかし、未成年者の売春など、犯罪の温床になっていたことや、インターネットなどの普及・各都道府県のテレクラなどにまつわる規制条例によって、テレクラなどの出会い系の店は現在でも存続こそしているものの、ピーク時に比べると大幅に数を減らしていて、存続している店も客の数を減らしています。

そして、テレクラなどの衰退の原因になった出会い系サイトの誕生は、日本だと1990年代後半になります。

画像


Windowsシリーズの発売でインターネットが世間に認知され、インターネットやメールができる携帯電話の普及によって、出会い系サイトが次々と開設されました。

メールアドレスの交換により、テレクラなどより気軽に会話ができることから、出会いを求めている男女がこぞって利用したそうです。

しかし、こちらもサクラの存在や架空請求に、出会い系サイトをきっかけとする交際事件などが社会問題となったため、次々とそれに対応する規制法が成立。

画像


悪質な出会い系サイトが一気に淘汰されることになりました。

そして、現在では携帯電話がスマートフォンへと進化し、連絡先の交換も電話番号やメールアドレスだけでなく、LINEなどのSNS系アプリケーションのアカウントなども選択肢のひとつとして追加されたことで、より気軽に出会える環境が整えられて来ています。

しかし、いつの時代も法の隙間を縫って悪質な行為に及ぶ人はいます。

それを見極めて利用しなければいけません。
出会い系の歴史はあまりきれいなものではありませんでした。

画像


テレクラやダイヤルQ2などが終わり、ガラケー時代に出会い系が出始めてからスマホアプリ時代の現在に至ってなお業者やサクラの話が絶えません。
とても健全な歴史とは言えないでしょう。

出会い系の特徴


出会いの特徴は出会い系サイトとマッチングアプリによって違いがあります。

出会い


ここでは、意外と知っていそうで知らない出会い系の特徴について紹介します。

まず、真っ先に思い浮かぶであろう出会い系の特徴として、見知らぬ男女同士が出会える環境が整えられているところが挙げられます。

日本だと古くはテレクラなどの店に始まり、出会い系サイトやアプリケーションへとその形態は進化して来ていますが、基本的な特徴に変化はありません。

画像


そして、出会い系サイトやアプリケーションでは、登録制というのも特徴に挙げられます。

ただし、出会い系サイトなどによっては偽名や素性を偽っても登録出来てしまう場合もあるため、見知らぬ相手に出会うときには注意が必要となります。

これが原因で犯罪の温床になってしまうこともありますが、それなどは次の項目で触れたいと思います。

そして、男女同士が出会う前後に関わらず、特に指示されることもなく、どうするかなどの行動は出会う男女に委ねられているということも特徴として挙げられるでしょう。

お見合いは世話人などの存在でなかなか自由に行動できない場合もあったり、合同コンパや婚活パーティーなどはテーマに沿って行動することがほとんどです。

しかし、出会い系サイトなどではそのようなしがらみもなく、お互いの趣向が一致さえすれば、後は自由に行動できるようになっているでしょう。

画像


その分、自分自身や相手自体が素性を偽っている場合もあり、『実は結婚していたのに、別の男性(女性)と付き合っていた』などという不倫行為だったことも十分あり得ます。

画像


2016年は不倫にまつわるニュースが頻発していたこともあり、ナーバスになっている人も多いことでしょう。

そのため、出会い系から深い関係になろうとしている人、あるいはやましい気持ちがあるのに出会い系を利用しようとしている人は注意しましょう。
特に後者の人です。

失敗すると、取り返しのつかないことになる場合もあります。
できることならそんな関係は綺麗サッパリ解消したいところですね。

出会い系の長所と短所


出会い系は長所もあれば短所もあります。その両方を理解したうえで納得して利用しましょう。

出会い


ここまで、出会い系についてさまざまな見方から紹介して来ましたが、出会い系の長所と短所、果たしてどのようなところが挙げられるでしょうか。

まずは長所から見てみましょう。
長所としては、やはり不特定多数の異性の人と知り合える機会が整えられているところです。

画像


学生から社会人になると、なかなか新しい出会いが生まれなくなります。

これは自分自身が仕事に追われ、なかなかプライベートな時間が作れないなどの理由が考えられます。

特に歳を重ねて社会的にも責任を負うような立場になると、より新しい出会いが生まれなくなることでしょう。

そこで、出会い系を利用することで、比較的容易に出会うことが可能になるのです。

また、出会ってから先は自由に行動することができることも出会い系の長所でしょう。

出会って一度きりの場合もありますし、関係が深まってそのままカップルになり、最終的には結婚に至ることもあります。

画像


どうするかは人次第です。
しかし、出会い系には長所もあれば短所もあります。
短所としては、犯罪の温床になりやすいところです。

出会い系が原因とする犯罪は、一時社会問題にもなりました。

画像


代表的な犯罪としては、未成年者の売春、出会い系でのサクラの存在、架空請求などが挙げられます。

さまざまな問題が発生する度に各都道府県などで規制条例が施行されるなどの対策が取られましたが、その度に法の穴をくぐって新たな犯罪が発生するというイタチごっこが起きています。

画像


そして、出会い系サイトやテレクラなどで出会おうとした場合、いきなり最初から顔を見て話すことができないという短所もあります。

声や文章だけではどんな人なのかは想像しにくいですね。
残念ながら顔を会わさずにそのまま終了ということもあります。

これはシステムの関係上、仕方がないと言えるでしょう。
以上が代表的な出会い系の長所と短所になります。

他にも出会い系の長所と短所はあると思いますが、それは後の項目でも触れていきます。

出会い系に向いている人と向いていない人


僕は出会い系に向いている人と向いていない人が必ずいると思っています。
この記事では性格的にどのような人が向いていて、どのような人が向いていないのかを考察しました。

出会い


さて、ここまで紹介してきた出会い系ですが、実際に出会い系に向いている人と向いていない人はいるのでしょうか。
どれだけ出会い系を利用してみたい人がいたとしても、その人が向いていなければ残念な結果に終わる可能性もありますね。

画像


そこで、ここでは出会い系に向いていると向いていない人の違いを見てみましょう。

向いている人として考えられるのは、出会い系サイトに登録して出会おうとしたとき、最初はメールやLINEなどを駆使して文章でのやり取りとなるので、文章書くのが得意な人やマメな人が向いていると思います。

画像


文章が苦手な人もやり取りを繰り返していくうちに上手になっていくので、後はこまめにチェックしてなるべく早めの返信を心掛ければ大丈夫です。

反対に、普段から返事が極端に遅い人は出会い系に向いていないでしょう。

そして、相手のペースに合わせられる人やプラス思考の人は向いています。
もし結婚しようと考えている人は、相手の気持ちが汲み取れるようになった方が絶対に良いです。

また、プラス思考の人は文章からも滲み出ています。
我が道を行く人やマイナス思考の人は敬遠されがちでしょう。

最後は、やはり継続力です。

画像

これは出会い系に関わらずですが、何よりも『継続は力なり』です。

『出会い系なのに、すぐに出会えない』『プロフィールを登録したのに、反応がまったくない』などを理由にして、すぐに止めてしまう人もいますが、これではもったいないですね。

根気よくプロフィールの更新や掲示板への書き込みを続けていれば、いつかは必ず反応があることでしょう。

ただし、短期間で一気に書き込み過ぎると相手に引かれる可能性もあるので、節度を持って書き込みするようにしましょう。

出会い系は会う前に決めろ!

出会い系はリアルナンパと違ってネットでほぼ完結します!
リアルナンパが得意だけど出会い系はまったく結果が出ない人もいます。

画像


出会い系はネットでメッセージするためメッセージがうまい人が向いているためです。
リアルナンパでもそうですが、できるだけ多くの異性に効率よく声をかけられるか?きちんとアピールできているか?が問われます。

出会う前にすでに勝負は始まっているのです。

リアルナンパで緊張してしまって、出会えず困っている人がいたら一度出会い系を試すのがいいでしょう。
メッセージする相手は目の前にいないので自分の顔色を見られずリラックスしてメッセージを送ることができます。

画像


出会い系に向いている人:内気、コミュ障
出会い系に向いてない人:リアルナンパが得意な人?(リアルナンパをおすすめします)

出会い系に向いてる人⇒内気コミュ障

出会い系に向いてる人は女の子の扱いがうまくモテるリア充なんじゃないの?と思っていませんか?

リア充は出会い系に向いてません!

リア充は出会い系ヤルよりもリアルナンパすれば簡単にパコれる。

出会い系に向いてる人は言葉よりもメッセージで伝えるのが好きな人。

2chの住人や会って話す事や電話が苦手な内気が出会い系に向いています。

メッセージがうまいネットの住人はだいたいがリアルで人と話すのが苦手、いわゆるコミュ障。
しかし、メッセージなら得意でガンガン書ける。

そんなコミュ障こそ、出会い系に向いていて出会い系をするために現代に生まれてきたようなもの!

さらにエロいという欲が加わると、やる気がさらに出てメッセージに磨きがかかります。
出会いたい!セックスしたい!という欲求は人を変えます。

出会い系で自分の型にハマると、メッセージを打つのが楽しくなってきます。

内気でコミュ障で非リア充生活を続けていた人はこの機会に出会い系アプリを気軽に使ってネトナンリア充を目指してはいかがでしょうか?

↓ ↓ ↓


お見合いと合同コンパ


お見合いと合コンは重さが違います。しかし、どちらも恋活婚活のきっかけとして利用されています。

出会い


同じ『出会い』を目的にしているものとして、お見合いや合同コンパが挙げられると思います。

しかし、それらと出会い系の違いはどこにあるのでしょうか。
ここではその違いについて迫ります。

まずはお見合いと出会い系の違いです。
なお、ここでのお見合いは結婚するための活動(=婚活)として考えます。

画像


お見合いにはお金が掛かります。
婚活サイトなどで登録した場合、月額でいくらかそのサイトに支払うことになります。

しかし、お金を払ってまで真面目な出会いをしたい男女が登録しているため、結婚を前提にしている人にはお見合いがオススメでしょう。

一方、出会い系は基本的には登録無料でポイント制となっているため、登録自体は簡単です。

画像


その分、いろんな人が登録しており、中には犯罪になりそうな行為を行う人や業者が登録していることもあります。

真面目な出会いをしたい人にはオススメできませんが、出会える確率の高さを考えると、友達程度なら良いでしょう。
続いて合同コンパとの違いです。

画像


合同コンパ、つまり合コンは当日までどんな人が来るのかわからないところがあり、何よりも合コンは幹事の力に関わってくるところがあるため、そこで出会った男女がそのままカップルになるのは非常に難しいと思います。

予算も出会い系より掛かり、時間も限られています。
最後は良くてもメールアドレスやLINEのアカウント交換が限界でしょう。

一方、出会い系は1対1のやり取りが中心となり、自分の好みに合った人に会える確率が合コンよりも断然高いです。
メールアドレスやLINEのアカウントはもちろん、仲良くなれば実際に会うことも可能でしょう。

画像


ただし、出会い系サイトを使用するときは、サクラやスパムメールなどに引っかからないように注意して下さい。

出会い系サイトとは何か


出会い系サイトとは何かを考えた場合、少しだけその歴史と成り立ち、運営属性について調べる必要があります。

出会い


同じ出会い系でも、微妙にですが違いはあります。
テレクラなどのように実店舗で運営されている出会い系や、インターネット上で運営されている出会い系サイトなどが挙げられると思います。

そこで、ここでは実店舗型の出会い系と、出会い系サイトの違いについて比べてみようと思います。

まずは、実際にはじめて顔を合わせて出会うまでの期間です。

出会い系サイトの場合、まずはメールやLINEなどを用いて文章でのやり取りとなるため、相手の顔が見えません。

出会い系はネットでのメッセージなので、文章だけで判断するのは非常に難しく、更にネットでは実際の性格とは違う人格で書いている人もいるため、より判断を難しくさせています。

一方、実店舗型の出会い系はすぐに出会えます。

テレクラならコールを受けて話が合えばすぐに待ち合わせ場所と時間の約束を取り付けることが出来ますし、出会い系カフェならその場で会えます。

画像


最近では出会い系バーが流行っているようですww

画像


どちらも出会おうと思って電話している・店に出向いているため、インターネット上でよくある用心深さはあまりなく、行動力もかなりあると思います。

また、一度に話せる人数も違います。

実店舗型の出会い系は1対1から多くて複数人程度ですが、出会い系サイトはメールやLINEなどを駆使することにより、多くの人と同時にやり取りすることが出来ます。

ただし、会話の深さを考えれば実店舗型の方が有利でしょう。

最後になりましたが、出会い系と出会い系サイトはどちらも犯罪の温床になっていることがあるため、そういった場面になりそう、あるいはなることが想像できてしまったら、すぐにその人と付き合うのは止めるようにしましょう。

画像


出会い系被害は未然に防ぎ健全に楽しみましょう。

悪質な出会い系サイトの見分け方


出会い


悪質な出会い系サイトの見分け方は出会い系初心者には難しいです。

先にまとめると悪質な出会い系サイトの特徴はこんな感じ
・プロフ画像がめちゃめちゃセクシー
・ラインのIDを女の子が求める
・ラインに誘導したら他のアプリに誘導する

出会い系というジャンルが確立されて以降、実店舗型や出会い系サイトがきっかけで起こる犯罪が頻繁に発生するようになりました。
その度に国や各都道府県で様々な規制法や規制条例などで取り締まりや規制を行って来ました。

画像


その結果、一昔前に比べれば出会い系にまつわる犯罪は減ってきていますが、撲滅には至っていないのが現状でしょう。
残念ながら規制法や規制条例などは犯罪が発生してから施行されることが多く、犯行も法の穴を突いて行われるのが最近の傾向です。

こうなると、自分の身は自分で守るしかありません。
そこで、ここでは悪質な実店舗型の出会い系と出会い系サイトの見分け方について迫ります。

画像


まずは、サクラや業者が多そうな出会い系サイトは避けるようにすることを前提とした見分け方です。
無料の出会い系サイトは、どうしてもサクラや業者が集まってしまう傾向があります。

かと言って、有料になれば減るのかといえば、そうでもありません。

出会い系の会社が運営している出会い系サイトだと、優良サイトか悪質なサイトかどちらかにはっきり分かれることが多く、残念ながら悪質なサイトが多いのが現状です。

画像


こういったサイトはポイント制にしていて、あと一歩で出会えそうになったところでポイント切れとなり、ポイントを買わされるという悪循環に陥ります。
こういった人にサクラや業者が集まってしまうため、有料の出会い系サイトでも悪質な出会い系サイトに遭遇してしまうのです。

そのため、出会い系で出会おうとするには事前に出会い系サイトの評判などを第三者のサイトなどで確認し、十分な予防線を張ってから出会い系サイトを使い始めることをオススメします。

特に個人が経営している第三者のサイトで確認する方が良いです。
企業が絡むと様々な思惑が混ざるため、正しい評価が見れない可能性があるためです。

また、実店舗型の出会い系は規制法や規制条例をクリアして営業している店が中心のため、出会い系サイトに比べれば犯罪に巻き込まれるリスクは少ないでしょう。

しかし、それでも法の隙間を縫って悪質な営業を行っている店もあるため、十分注意していくようにしましょう。

悪質な出会い系サイトを避けるなら素直に友達に聞く!

出会い系サイトはこっそり自分ひとりで登録してる人が多く、友達に話したがらないケースがあります。

画像


しかし、恥ずかしがらずに友達がいたらその友達に登録してる出会い系サイトを知っているか聞いてみましょう。

友達が知っていたり、知っていて使っていたらそれくらい有名ということ。
反対に、聞いた事ない出会い系サイトだと悪質な出会い系サイトの可能性が出てきます。

僕はリアルに友達に聞いて知っていなければ登録しません。
出会い系サイトは犯罪や詐欺に利用されてしまうからです。

事件、事故に巻き込まれては出会い系サイトを利用する価値はありません。

ここは安全で信頼ある出会い系サイトを利用していきましょう。

↓ ↓ ↓

安全で信頼ある出会い系サイト

画像

タップル誕生公式サイト

https://tapple.me/



出会い系サイトで失敗しない方法


出会い


出会い系で失敗しないのはなかなか難しいと思います。

しかし、対処法を知れば簡単です!

相手がサクラであったり、犯罪目的で出会い系サイトを使っている人がいます

ほとんどの出会い系サイトは、登録無料やポイント制で出会いの場を設けているため、誰でも登録しやすい形態になっています。

更には偽名でも登録出来てしまう出会い系サイトもあるため、よりサクラや犯罪行為の温床となっています。

画像


そのような状況ですが、果たして出会い系で失敗しない方法があるのでしょうか。

まったくないとは言い切れませんが、利用する側からあらかじめ予防線を張っておくことで、失敗を未然に防ぐことが可能になると思います。

それは、『この人怪しい』と思ったら付き合わないようにすることです。

画像


ズラで怪しかったら面白いけどねww

やたら指定されたサイトに行くことを要求する・プロフィールでも見たことないサイトへ誘導するようなURLが貼られている・会話したら日本語の文章自体怪しい・・・などなど、

画像


絶対にクリックしちゃダメだからーw

注意点を挙げればキリがありませんが、とにかく自分自身を守るために予防線を張っておきましょう。

それだけ出会い系や出会い系サイトを利用することはリスクも伴うと言えるでしょう。

そして、出会い系で真面目な出会いは期待しないことも失敗しない方法です。

プロフィールを偽って出会い系を利用するケースも考えられます。

画像


特に出会い系サイトではインターネット上でのやり取りになるため、実際の性格とインターネット上での性格は違うことも多々あります。

『実際に出会ってみたらイメージが違う』ということもあり得ます。

画像


真剣なお付き合いではなく、くだけた感じで友達程度のお付き合いにとどめておくのが良いのかもしれません。

出会い系サイトはニックネームで登録するサイトがほとんどです。

出会い系マッチングアプリも気軽に登録できるかわりに、気軽に犯罪にも利用されてしまいます。

それを出会い系運営側が未然に防ぐのが義務ですが、すべての犯罪を未然に防ぐことは困難です。

僕の出会い系体験談でも女の子が男に脅迫されて40万円だまし取られた事件を聞いています。

画像


その子は出会い系サイトを通じてお金を稼ごうとしたら、逆にお金をだまし取られた。

これが出会い系サイトを気軽にやっている女の子の実態です。

画像


他にもストーカーに会うなども聞いています。

出会い系婚活とは何か


出会い


最近、テレビや雑誌などの各種メディアで婚活という言葉が見られますが、そもそも婚活とは何なのでしょうか。

ここでは、婚活の言葉の意味や由来・使われ方などに迫ってみましょう。

婚活とは、『結婚をするための活動』の意味で使われています。

言葉の由来は、2007年頃に社会学者の山田昌弘さんが『就職活動=就活』をもじった造語として提唱・誕生しました。

画像


そのため、言葉の歴史としてはかなり浅い部類に入ります。

しかし、就活同様語呂が非常に良かったこともあり、各種メディアで取り上げられ、一気に社会に浸透しました。

今では『就活』『終活』などと並ぶ『◯活』の代表的な言葉のひとつとして日常的に使われています。

普及したのは様々な要因があると思いますが、女性の社会進出や男性の積極的な家事参加など、わざわざ結婚しなくてもいいと思う人が増えて来ていることによる晩婚化や、そもそもの結婚観の変化があると思われます。

画像


しかし、『結婚したいけど相手がいない』『結婚するためには準備が重要』と思う人も増えて来ているため、婚活が盛り上がって来ているのでしょう。

このような状況やタイミングなどの要因により、婚活という言葉がすぐに社会に受け入れられました。

もし、世間一般で婚活が活発に行われていなかったり、そもそも就活という言葉が誕生していなかったりしたら、現在でも婚活という言葉は誕生していなかったかもしれません。

それだけ、婚活という言葉が誕生したのはタイミングが良かっただけでなく、ある意味必然であったとも言えるのではないでしょうか。

出会い系婚活の歴史


前の項目でも触れましたが、婚活という言葉自体は2007年頃に提唱・誕生した言葉です。
言葉自体に歴史はそれほどありません。

画像


しかし、婚活の意味は『結婚をするための活動』なので、その活動自体の歴史はどこからあるのでしょうか。

ここではそんな婚活の歴史について迫っていこうと思います。

現在の婚活はインターネットを介して行うのが主流となっていますが、日本の婚活の起源は40年以上前の1970年まで遡ります。
現在でいうところの結婚相談所の前身になる、全国仲人連合会が誕生しました。

画像


その後80年代になり、ジャスコ(イオン)やユニチャームなどといった大手グループも婚活業界に参入し、一気に市場が拡大します。

しかし、バブル崩壊があった90年代初頭には縮小傾向になり、インターネットが普及した90年代後半に結婚紹介サイトの登場があったものの、一気の普及とはいかず、婚活の隆盛となるのは2008年の『改正出会い系サイト規制法』の施行まで待つことになります。

画像


この規制法の施行により、数多くの出会い系サイトが撤退・縮小に追い込まれ、そこで婚活に目をつけた企業や各種サイトが出会い系などで培ったノウハウを一気に注ぎ込み、次々と婚活サイトが立ち上がりました。

ここに、現在まで続く婚活の隆盛が決定的となったのです。

婚活サイト自体の歴史はそれほどありませんが、婚活自体の歴史は意外と長いということはわかってもらったと思います。
更に、婚活事業自体も政府が強く推しているプロジェクトのひとつです。

2013年には補正予算として30億円の婚活助成金をバラ撒きました。

画像


少子化対策として成婚率の向上も掲げていることもあり、今後の婚活事業はより隆盛を極めていくことと思われます。

出会い系婚活の特徴


出会い系での婚活の特徴として、真面目な出会いを求めている人達が会員の中心となり、運営する業者や婚活サイトもさまざまなサービスを提供していることなどが挙げられます。

そして、出会い系よりも会員費用が高いですが、その分を払ってまでも真摯な出会いを求めている人がいるということで、出会い系のようなサクラや犯罪行為に巻き込まれることは非常に少ないのも婚活の特徴でしょう。

基本的には婚活を運営する実店舗型や婚活サイトも会員費用は定額制となっていて、店やサイトによっては入会金も取るところもあります。

画像


出会い系よりも高いのは先程も述べましたが、その金額はかなりのバラつきがあります。

傾向としては婚活サイトは安めに設定されていますが、実店舗型は高めの設定となっています。

これは実店舗型が人対人の対面サービスを重視していることや、数多くの婚活イベントやサービスを開催・提供しているため、その分高めの設定となるのでしょう。

会員費用が高く、定額制という設定のため、1ヶ月どれだけたくさん利用しても、もしくは1ヶ月で1回しか使わなかった場合でも同じ費用を払わなくてはいけません。

そのため、婚活を行うにはそれなりの時間を作る必要があるのです。

また、婚活を行う女性に多い傾向・特徴になりますが、ほとんどの女性は結婚を前提として相手を探すためか、男性の条件を高く求める傾向があるのも特徴と言えます。

特に年収に対しては厳しく見られている場合が多いため、どれだけ性格や顔がマッチングしていても、男性の年収が低いため、なかなか理想的な出会いができない人が多いです。

画像


そのため、実店舗型や婚活サイトは数多くのイベントを開催・提供して出会いの機会を設けているのです。

出会い系で婚活する人はいますが、ハッキリ言って婚活には向きません。
それは多くの出会い系男性ユーザーの目的が、セックスするのが目的のいわゆるヤリ目だからです。

男性ばかりではなく、若い出会い系女性ユーザーもヤリ目が多くいます。
また、食事だけしたいメシ目もいて、これらほとんどが一度きりのワンナイト。

出会い系では婚活を求めず、遊び目的なので真剣に婚活をするなら出会い系サイトよりも婚活サイトに登録しましょう。

画像


出会い系サイトは遊び、と割り切って登録するなら問題ありません。

出会い系婚活の長所と短所


出会い系での婚活の長所も短所も、出会い系と比較すると非常にわかりやすいと思います。

長所は、出会い系よりも会員の質や信憑性が非常に高く、完全に独身であることが入会条件になっていることや、実店舗型の結婚相談所や婚活サイトなどに入会するとき、必ずと言っていいほど入会審査があります。

入会審査では身分証明書などを用いた本人確認を行うことがほとんどです。

画像


これは偽名や既婚者でも登録出来てしまう出会い系と決定的に違うところでしょう。

真面目な出会いを求めている人や、結婚を前提に出会いを求めている人にとっては安心できるシステムが構築されています。

また、会員同士での婚活パーティーも定期的に開催されているため、インターネットだけでは出会うことがなかった人でも、思わぬ出会いが待っていることがあります。

積極的に活用したいところですね。
短所は、会員費用の高さです。

これは長所にもなり得ますが短所としても挙げられます。
会員費用は定額制にしているのがほとんどですが、どれだけ利用しても月額は変わりません。

結婚相談所や婚活サイトに登録した以上、積極的に行動しないと元が取れないでしょう。

そして、女性が男性に求めるハードルが高いという点もあります。

画像


特に年収が原因で新たな出会いが生まれないケースも多いようです。

そのため、結婚相談所や婚活サイトなどが主催する婚活パーティーに参加することをオススメします。

画像


会場にて会話することで、ギャップを修正することが出来ると思います。

また、結婚相談所や婚活サイトによっては、まだまだ会員数が少ないのも短所と言えますが、これは婚活が今後盛り上がっていくと会員数が増えてくると思われるので、それほど心配しなくて良いでしょう。

出会い系婚活に向いている人


前の項目などでも述べましたが、出会い系での婚活には向いている人と向いていない人がいます。

どれだけ婚活に頑張ったとしても、向いていなければ遠回りすることになると思いますし、残念な結果に終わることもあります。

人には向き不向きがあるのです。
ここでは、婚活自体向いている人と向いていない人を比べてみました。

まず、どんな物事もそうですが、柔軟に考えられる人は婚活でも向いていると思います。

画像


特に最近では女性の社会進出や男性の家事や育児の積極的参加によって、共働きの夫婦が増えて来ています。

これはお互いの理解がないと到底出来ることではありません。

お互いの理解を深めるには相手のことを思いやるだけでなく、場合によっては自分自身のライフスタイルを相手に合わせるなどの柔軟性を持たせることで、より婚活に向いている人になれるでしょう。

画像


これが難しい場合は、人によっては向いていないということにもなりかねません。

どれだけ容姿端麗で高収入でも、相性が悪ければ結婚しても長続きはしないでしょう。

画像


後は、自分自身が得意分野とする場所や物事で婚活を行おう・あるいは行っている人は婚活に向いていると思います。

ホームグラウンドで婚活を行うことが出来れば、普通よりも良い結果が出るかもしれません。

反対に自分の苦手分野や知らない分野で婚活を無理に行おうとすると、こちらは普通よりも悪い結果になりがちです。

そこまでして出会いたい気持ちはわかりますが、逆効果になる可能性もあるため、そういった場所での婚活は無理にしなくても良いでしょう。

以上が婚活に向いている人と向いていない人の比較です。

出来る限り、自分自身の得意分野が活かせる場面で、柔軟な考えを持って臨みたいですね。

お見合い結婚と出会い系の違い


お見合い結婚と出会い系の違いを理解したうえで、今のあなたがどちらに向いてるのかを考えてみましょう。

ここ10年ぐらいで一気に言葉が普及した『婚活』。

しかし、昔からあるお見合いや合同コンパとは何が違うのでしょうか。

ここでは婚活とお見合いなどとの違いはどこにあるのか、あるいは共通する点はあるのかを迫ります。

まず、お見合いは世話人の存在こそあるものの、基本的には男女で1対1でじっくりと語り合う昔からの伝統的なシステムです。

画像


一方、合同コンパは男女複数で集まり、食事や会話などを通してワイワイと盛り上がる気軽なシステムになります。

画像


会話相手は誰を選んでも自由なので、人気のある人に集まり、誰も話しに来なかったことで、パーティー中にまったく一言も話すことなく合同コンパを終える人もいるでしょう。
婚活の一環で行われる婚活パーティーは、これらのお見合い・合同コンパの中間といったところになるでしょう。

複数の男女が一堂に会するだけでなく、1対1で数分から数10分程度じっくりと落ち着いて話すことができる時間が設けられています。

必ず会話できる機会があるため、まったく一言も話さずに終わるということはまずないでしょう。

また、お見合いや婚活パーティーではほぼ間違いなく独身の人が参加するのに対し、合同コンパは結婚している人も参加することがあります。

この点から、合同コンパでは友達を作る・探す感覚で臨んだ方が良い結果になるかもしれません。

ここまで、婚活とお見合いなどとの違いを述べて来ましたが、共通点もあります。

それは男女で参加することが多いことです。

男女で参加することは、少なからず出会いの可能性があります。

画像


いきなりお付き合いを申し込むのは酷ですが、『まずは友達から』などの気持ちを大事にすれば、そのうち良い結果が生まれるかもしれません。

悪質な出会い系婚活サイト


出会い


出会い系サイトの衰退によって一気に浮上した婚活や婚活サイト。

しかし、出会い系同様、中には悪質な婚活サイトが紛れ込んでいるようです。

画像


これから婚活というジャンルが拡大していくと同時に、いずれは社会問題になっていく可能性もあります。

せっかく大金を注ぎ込んで婚活に取り組んでいるのに、結果が出ないどころか被害も出てしまっては元も子もないですね。

画像


そこで、ここでは悪質な婚活と婚活サイトの見分け方について迫ってみましょう。

まずは、婚活サイトの見分け方で最も有効な方法として、運営会社を確認することです。

運営会社の規模によっては信用しても大丈夫な場合もありますが、規模が小さい・個人が運営しているなどといった婚活サイトは敬遠した方が良いでしょう。

これは婚活サイトに書き込む人の中にはサクラの人も紛れ込んでいることもあり、それをすぐに察知して削除対応するには、個人レベルだと非常に難しいためです。

また、会社が運営している婚活サイトでも、運営会社の実態がつかめない会社だったり、資本金が書かれていない・資本金が少ないなどといった会社も中にはあります。このような婚活サイトを見つけたら即敬遠しても大丈夫でしょう。

画像


名の知れた大手企業が運営する婚活サイトに登録するのが一番

画像


そして、婚活サイト同様、最近では婚活に取り組む人をターゲットにした、結婚詐欺師と呼ばれる人達も社会問題になりつつあります。

結婚詐欺師は現在の法律上、立証が難しいため、だまされたら非常に厄介です。

画像


そのため、婚活に取り組む以上は結婚詐欺師にだまされないように気をつける必要があります。

話の内容に矛盾点があったり、やたらお金の話をして来たり、写真に写りたがらなかったり…などと、結婚詐欺師の特徴を挙げれば結構あります。

そういった人達にだまされないためにも、日頃から気を付けていきましょう。

悪質な出会い系婚活サイトに騙されない!

出会い系で婚活して、騙された!と思っても後の祭りです。

よく調べもしないで小さな出会い系サイトを利用するとこうなるケースがあります。

また、出会い系サイトではなくツイッターで出会いを求める人も危険です。

ツイッターを利用して出会いを求めてツイッター運営側に責任はありません。

ツイッターでアマギフを求められて振り込んだけど出会えなかった口コミを聞きます。
これも僕の友達の口コミなので信頼できます。

出会いの悪質なケースをまとめると、
・知らない出会い系サイトを利用しない
・ツイッターなどでアマギフを求められても支払わない
・もし事件に巻き込まれたら迷わず警察にいく
・出会い系をしていることを最低ひとりには話しておく

出会い系婚活で失敗しない方法


前の項目で結婚詐欺師について触れましたが、出会い系婚活でも悪質で詐欺行為に及ぶ人が紛れ込んでいます。

画像


また、自分自身の言動や行動によって、婚活が上手く行かない場合もあります。

そこで、この項目では婚活で失敗しないためにはどうしたら良いかを考えてみます。

まずは、結婚詐欺師にだまされない方法です。

結婚詐欺師の行動や言動に注意しておくと、意外にも怪しいポイントが出て来ると思います。

特に

『写真に写りたがらない』
『知人や親戚を会わせない』
『やたらとお金のことを聞いてくる』

などといった怪しいポイントに該当した相手がいた場合は、付き合うのは止めた方が吉でしょう。

結婚詐欺師にだまされた場合、現在の法律ではなかなか立証が難しいケースが多いため、失敗どころか金銭・精神的にも大きなダメージを負うことになるでしょう。

画像


また、自分自身の言動や行動によって婚活で失敗しない方法としては、一度出会っただけで相手の白黒を付けないことが失敗しない方法として有効です。

どんな人でも一度出会っただけではわからないのは当たり前です。

それなのに、すぐに結論を出してしまい、結果的には自分の言動や行動が原因で結婚からはより遠ざかってしまう人がいます。

後は、柔軟な対応が取れない、受け身過ぎて自分から行動しない…挙げればたくさんありますが、これらに当てはまる人は婚活に失敗するリスクが高くなります。

少しでも婚活で良い結果を生むためにも、自分から行動するようにして、相手の立場に応じて柔軟に対応出来るように心掛けましょう。

画像


それだけでも失敗する可能性が低くなるでしょう。

男性におすすめの出会い系サイト


紹介参照はこんな感じです

料金
口コミ・評判
実際使った感想
業者・サクラの有無など

実際に利用したうえで男性におすすめの出会い系サイトを掲載していきます。

出会い


ここから最終項目までの4項目は、各種オススメランキングと称して、筆者がオススメしたいサイトのランキングを紹介して行こうと思います。

まず最初は、男性にオススメの出会い系サイトのランキングになります。

男性でも無料で出会えることが出来る出会い系サイトがありますが、サクラや業者のいない・少ない優良な出会い系サイトを使おうと思うと、やはり有料の出会い系サイトになるでしょう。

では、筆者が男性にオススメする出会い系サイトを、3つランキング形式で紹介します。

まず第3位は、『ワクワクメール』です。

画像


開設は2001年と、出会い系サイトにしては老舗の部類に入り、現在でも毎日1,600人以上の新規登録があるそうです。

これだけの新規登録者がいるのにも拘らず、セキュリティ及びサポートに万全を期しており、SNSサイトに近い感覚で利用することが出来るのも特徴的ですね。


続いて第2位は、『YYC(ワイワイシー)』です。

画像


運営会社はライブドアやLINEなどと、何度か変わっていますが、開設自体は16年以上経つ老舗の出会い系サイトになります。

現在はSNSサイトでおなじみのmixiが運営していることもあるのか、安心感を持って利用している人が目立ちます。

他のサイトに比べると40代以上の女性が参加が目立つのも特徴的ですね。


そして第1位は、『PCMAX(ピーシーマックス)』になります。

画像


こちらも開設は2001年という老舗の出会い系サイトになりますが、現在でも毎日1,000人以上の登録者がいるそうです。

プロフィール機能が充実していて、会員に対する100の質問が現在の定番になっています。

これで出会いたい人に対する素顔が少しでもわかりますね。

以上が男性にオススメの出会い系サイトのランキングになります。

いずれも安全に利用しようと思っているなら有料会員になることをオススメします。

婚活サイトなどに比べると安く済むこともあり、相手の方も比較的軽い気持ちで登録していると思います。

真面目なお付き合いを考えているときは、素直に婚活サイトを使うようにしましょう。

ここまでは無課金の出会い系サイトを紹介してきました。

無課金の出会い系サイトはその分、ライバルが強かったり業者が多かったりします。

これを避けるにはこちらも課金して挑みましょう。

また、出会い系サイト、マッチングアプリの吟味をする。
それは他の人が使わない出会い系アプリでしかも信頼があるところ。

出会い系マッチングナンバー1はタップル誕生!

僕のオススメはタップル誕生です。
ここは従来の出会い系サイトとはまったく仕様が違います。

一番の特徴はうぶで若い女性が多いところ。
すれた女性ユーザーが少ないのでセックスまで容易に持って行けます。

画像


さらに新しいサービスのためライバルの男性ユーザーが登録していません。
まさに若い女の子とセックスしたいならタップル誕生を使うのがベストです。

タップル誕生は無課金よりもセックスしたい時に課金するスタイルがスマート。
ここは有料課金ですが、長年愛用している数少ないアプリ。
ライバルが増えるので本当は教えたくないリアルに出会えるアプリです。

また、同じ系列のmimiという出会い系マッチングアプリもおすすめ。
こちらのアプリは異性のタイプ別でプロフィールが出てきます。

画像


グラマーな女の子が好みなら、そこだけを狙うという事もできる。
ぜひ、あなたの好みの女の子をゲットして自由にセックスできる出会いを目指してください。

男性におすすめの出会い系婚活サイト


ここでは男性におすすめしたい出会い系婚活サイトを掲載していきます。

出会い


出会い系婚活ランキングに行く前に、オススメの対象をはっきりさせておきます。

男性の婚活及び婚活サイトは、社会人になってなかなか良い出会いがないが、出会うならば真面目なお付き合いをしたい人にオススメしたいです。

気軽な気持ちで婚活サイトに登録すると、相手の方は真面目にお付き合いしたい人を探しているため、この時点でズレが発生してしまいます。

そのため、結婚相談所や婚活サイトに登録するのは、真剣にお付き合いをしたい気持ちを大切にすることです。

では、オススメの婚活サイトを、3つランキング形式で紹介します。

まず第3位は、『pairs(ペアーズ)』です。

画像


会員数が400万人を越えるFacebook連動型の婚活サイトになります。
Facebook連動型ですが、サイトではイニシャル表記で名前が出ず、Facebookの友達には見つからずに投稿もされないというプライバシー保護の徹底ぶり。

更には会員登録の条件としてFacebookの友達が10人以上いるという条件もあり、悪意のあるアカウントが作りにくい環境が整えられています。

年齢層は20代から30代が中心のため、若年層にはオススメの婚活サイトになるでしょう。


続いて第2位は、『ゼクシィ縁結び(ゼクシィえんむすび)』です。

画像


TVCMでお馴染みのゼクシィが運営している婚活サイトになります。

20年以上ブライダル業界で独走して来ただけあり、マッチング機能やコンシェルジュによるデート調整サービスなどといった細かいサービスが光ります。
基本的には有料会員が前提ですが、その分真面目なお付き合いをしたい会員が多いのも特徴でしょう。


そして第1位は『ブライダルネット』です。

画像


会員数こそ27万人とやや少ないものの、男女比は男45:女55と、出会う確率を考えると非常に理想的になっています。

会員になるには入会審査があり、身分証明書の提出が求められるだけでなく、任意で住所・勤務先・独身の証明書類を提出することも出来ます。

その分、会員になっている人の信頼性や真剣度は抜群に高いです。

更に、連絡先交換やデートの誘いまでサイト内で完結出来るため、他の婚活サイトに比べると実際に出会える確率はかなり上がっていると思われます。

以上がオススメの婚活サイトのランキングになります。

他にも優良な婚活サイトはあるので、一度調べてみるのはいかがでしょうか。

女性におすすめの出会い系サイト


実際に利用して女性におすすめの出会い系サイトと掲載していきます。

出会い


女性での出会い系サイトの登録・利用は、男性より優遇されていることが多いです。

優良な出会い系サイトでも無料で利用出来るところが目立ちます。

気軽な気持ちで出会いたいと思っている人には嬉しい限りですね。

そこで、この項目では女性にオススメの出会い系サイトを、3つランキング形式で紹介します。


まず第3位は、出会い系アプリ『YYC(ワイワイシー)』です。

画像


運営会社は何度か変わっていますが、開設から16年以上経つ老舗の出会い系サイトになります。

現在はSNSサイトでおなじみのmixiが運営していることもあり、この辺りは安心感が得られるでしょう。

他のサイトに比べると40代以上の女性が参加が目立つのも特徴的ですね。


続いて第2位は、出会い系サイト『ワクワクメール』です。

画像


こちらも開設は2001年と、出会い系サイトにしては老舗の部類に入ります。

セキュリティ及びサポートに万全を期しており、SNSサイトに近い感覚で利用することが出来るのも特徴的ですね。


そして第1位は、『pairs(ペアーズ)』になります。

画像


婚活サイトとして使われている人もいると思いますが、出会い系サイトとして使っている人もいます。

登録自体は10人以上の友達がいるFacebookアカウントが必要となるため、悪質なサクラや業者が入りにくい環境を作り出しています。

しかもpairs内では匿名であるため、Facebook上のタイムラインに利用情報が流れることが一切ありません。

これなら安心して利用できますね。

以上が女性にオススメの出会い系サイトのランキングになります。

いずれの出会い系サイトも女性無料のため、気軽に登録することが出来ますが、売春などの犯罪に巻き込まれないとは限りません。

画像


ランキングで紹介した出会い系サイトもそれぞれ対策は乗り出していると思いますが、それでも法の穴をくぐって犯罪が発生することがあります。

みなさんも出会い系サイトを利用するときはその点に気を付けておきましょう。

女性におすすめの婚活サイト


女性におすすめしたい婚活サイトを紹介していきます。

出会い


女性は、男性に比べると婚活サイトでも料金面が優遇されていることが多いのが特徴と言えます。

しかし、出会い系サイトは匿名登録が可能な場合が多いですが、婚活サイトは実名登録が求められるケースが多く、入会審査も必要なサイトもあるため、男性がサイトの性格を伺うために女性のフリをして登録するのはかなり難しいと言えるでしょう。

その分、女性は婚活サイトに有料会員として登録している男性の真剣度が、より伝わって来ると思います。

そこで、ここでは女性にオススメの婚活サイトを、3つランキング形式で紹介します。


まず第3位は、『ゼクシィ縁結び』です。

画像


ブライダル業界では20年以上も敵なしと言えるほど独走している、TVCMでお馴染みのゼクシィが運営しています。

本業で培ったマッチング機能やコンシェルジュによるデート調整サービスなどといった細かい気配りが光ります。

基本的には女性でも有料会員が前提ですが、女性でも真面目なお付き合いをしたい会員が多いのも特徴でしょう。


続いて第2位は、『ラブサーチ縁結び』です。

画像


こちらは現在でも優良な出会い系サイトとして知られるラブサーチの姉妹サイトになります。

ラブサーチを利用していた若年層が30代になり、その利用層を上手く取り入れることに成功しているだけでなく、ラブサーチで培ったノウハウを活かしたシステムにより、累計会員数は100万人を軽く越える実績を残しています。

女性会員は完全無料なだけでなく、女性スタッフによる365日営業サポート対応サービスもあり、安心して利用できますね。


そして第1位は、『youbride(ユーブライド)』です。

画像


運営会社は何度か変わっていますが、いずれもネット業界では老舗の会社で、youbride自体も16年以上の歴史がある婚活サイトになります。

こちらも累計会員数は100万人を軽く越えていて、積極的に婚活をしたい人が集まりやすい傾向があり、会員の写真掲載率が高いことからも、質の高さを伺うことが出来ます。

真面目な出会いを求めている人には是非ともオススメしたい婚活サイトですね。

以上が女性にオススメの婚活サイトのランキングになります。

他にもオススメしたい婚活サイトはたくさんありますが、人によっては同じ婚活サイトでも向き不向きがあると思います。

口コミサイトなどの評判も見ながら、婚活サイトを決めてみるのはいかがでしょうか。

出会い系サイト仕様の違い

サイト 会員数 利用目的 おすすめポイント 注意事項
PCMAX 約900万人 中高年/既婚者/大人の出会い/即会い/ご近所/友達/恋人/デートメイト/合コン/飲み友/メル友 中高年や既婚者の大人の関係でも真面目な関係でも競争率が低いので出会いやすい。

比較的大人の出会いが目的の女性が多い。

すぐに会おうと誘ってくるLINE誘導の業者や援デリもいるので要注意。
ハッピーメール 約1,400万人 中高年/既婚者/大人の出会い/即会い/ご近所/友達/恋人/デートメイト/合コン/飲み友/メル友 最も出会えるといわれている出会い系。

彼女や彼氏がほしい人やセフレ探し、不倫相手を募集している既婚者にもおすすめ。

援デリ業者が登録しているサクラの場合があるので要注意。

自分からアプローチしてくる女性は業者であることが多いので無視するのが無難。

ワクワクメール 約650万人 中高年/既婚者/大人の出会い/即会い/ご近所/友達/恋人/合コン/飲み友/メル友 業者が少なくCBやサクラもいなく、出会える確率が一番高い。

既婚や独身問わず、一般女性が多いので中高年や既婚者同士の出会いも簡単。

「足あと」を残す業者を見かけるようになってきたので釣らないように要注意。
YYC(ワイワイシー) 約1,000万人 まじめな出会い/即会い/ご近所/中高年/既婚者/大人の出会い mixiグループ公式の出会い系サイト。

安全性が高くサクラがいないというだけではなく、出会い系っぽくない上質な女性と出会えると高評判。

LINE誘導の業者やキャッシュバッカーの女性がいるので釣られないようしっかり見極めるのがポイント。
Jメール 約600万人 まじめな出会い

友達/恋人/デートメイト/合コン/飲み友/メル友/中高年/既婚者/大人の出会い

中高年の出会いもOKな穴場の出会い系。

『メル友恋愛掲示板』で女性を探しメール受信数が少ない人を狙うと高確率。

『アダルト掲示板』はキャッシュバッカーや援デリ業者による書き込みが多いので釣られないように要注意。
メルパラ 約150万人 恋愛・結婚相手/大人の関係/不倫/浮気/遊び/メル友/テレ友/趣味友/食事/飲み友 登録会員数は少ないが中高年や既婚者の出会いが可能。

『まじめ掲示板』だと出会いやすい。

姉妹サイトのJメールと同様『アダルト掲示板』はキャッシュバッカーや援デリ業者など悪質利用者が多いので要注意。
イククル 約800万人 まずは食事から/友達/合コン/飲み友/メル友/デートメイト/即会い/ご近所/大人の出会い/中高年の出会い 運営実績10年以上の出会い系老舗。

登録者が多く近所でも地方でも即会える。

地域別検索による写メリストは見放題無料。

キャッシュバッカーや悪質業者が登録しているので見極めるためにポイント代がかかるのが難点。
ラブサーチ 約155万人 まじめな出会い/恋人・婚活・結婚相手探し 婚活や恋人募集におすすめの安全な優良サイト。

サイトを悪用する業者を徹底排除しているので安心。


ポイント制のサイトと比べると会員数が少なく、真面目な出会い専門のサイトなので中高年者や既婚者のセフレや不倫相手を探している場合あまり期待できない。

出会い系サイトの料金比較

 

サイト名 メール受信 メール送信 ポイントの料金 特徴
pairs 定額制:1か月1,898円〜4,100円(一部制限あり) 会員登録してからメール1通目まで無料
ラブサーチ 定額制:1か月3,000円〜3,980円で利用し放題 キャンペーン中3か月コースで登録すると1括10,000円
出会いネット 定額制:1か月2,100円〜3,150円(一部制限あり) 90日間コースで11%OFF、180日間コースで33%OFF
youbride 定額制:1か月2,320円〜3,980円(一部制限あり) 3か月コースで20%OFF、6か月コースで40%OFF
ワクワクメール 無料 5P 1P=10円 新規登録でポイント最大120P(1200円分)プレゼント
PCMAX 無料 5P 1P=10円 新規登録でポイント最大90P(900円分)プレゼント
ハッピーメール 無料 5P 1P=10円 新規登録でポイント最大120P(1200円分)プレゼント
ワイワイシー 無料 5P 1P=1.08円 新規登録でポイント最大300P(324円分)プレゼント

 

画像